Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『代表的日本人』 内村鑑三 岩波文庫 ::: 2013.05.20 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本


 私は小さな鍼塾をしております。とっても小さな塾です。私の鍼灸施術を受けて、なんだか吹っ切りがついて鍼灸学校に通ってしまった方がおりまして、鍼灸学校を卒業ということで、私もこの世界に引きづり込んでしまった責任を感じて、その後東洋医学・鍼灸を教える塾を開催しております。
 その塾におきまして、先日ある塾生が悩みを打ち明けてくれました。その悩みとは、「これだけいろいろ進歩していくのに、古いものを勉強する意味があるのでしょうか?」というものでした。
 私は鍼灸の中でも、とても古い鍼灸術を大事にしており、そのために古い文献に当たることが多くあります。もちろん古いままでは利用できませんので、それをうまく現代医学にも適合できるように考察を繰り返して進歩させていこうとしておりますが、いかんせん漢文を読むことが必須となりますので、ある鍼灸のグループの先生からは、そんなめんどくさいことをやってどうするんだとか、古いものを読んだって得るものはないだろうと時に批判を受けたりもします。
 ですので、塾生の悩みもよくわかります。
 現在注目されているiPS細胞が加速度的に発展したら、医学の常識はがらっと変わり、私たちの施術は過去のものになるのかもしれません。そういう意味では私たちのこの鍼灸施術というものは、もはや時代遅れに見えるかもしれません。

 しかし人間の本質までもがそう簡単に変わるでしょうか? 

 
 
 私はそうは思えないのです。やはり人としての生き方とか、人としての在り方といったところはいつまでも追求すべき問題として存在し、絶えず人間はそこに思い悩みながら日々を送っているのではないでしょうか。
 私も同じように悩んでいるわけですが、だとしたら、これから先の何十年間かを生きるために、ここでまた一つ自分を深めるために何を追求したらいいのか。私は自分で独自の思想を生み出す力はありませんので、やはりここは先人の智慧を借りてくるしかありません。かつて日本人の中にも優れた思想や行動力を持った人がおりました。そういった、まさに本書にあるような“代表的”な日本人の生きた証を知ることで、これからの未来を明るく照らしていけるのではないか、そんな風に思うのです。

 本書はキリスト教徒である内村鑑三が、開国間もない日本という国を、海外へ紹介するために書いたものです。本来は英語で書かれたものですが、本書はその日本語翻訳版です。読みやすい文章になっており、ページ数も多くはありませんのでおすすめです。ちなみに、本書で扱っている人物は、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の5名です。

東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







乱世に生きる中国人の知恵 諸橋轍次著 ::: 2013.05.13 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

 古代から現代にかけて、中国という国は世界史に大きな影響を与え続けています。特にこの数十年の経済面での隆盛には目を見張るものがあり、経済だけではなく政治的な面でも大きなインパクトをもっています。

 この大国・中国とはいったいどのような国なのでしょうか?

 私は鍼灸・東洋医学という面で中国と接してきました。東洋医学を学ぶには、東洋哲学や東洋思想も必要だろうということで、いくつかの古典にも親しんできました。それらの古典に触れると、人間の生き方を学ぶとでもいうのか、心の指針となるお話しがたくさん出てきます。その多くは春秋・戦国時代に固まっているようで、諸子百家と呼ばれる多くの学派・学閥が存在し、それぞれがそれぞれの思想でもって相手と対峙し、より深いものへと研鑽をしていました。
 この傾向は現在はどうなっているのか私には分かりません。中国人の根底にはこういった素養があるのかもしれませんし、もしかしたらすでに風化してしまっていて何も残っていないのかもしれません。しかしそれでもなおこの中国古典は廃れることなく、脈々と今日まで続いてきたという所に価値があり、そこからまなぶものはまだまだたくさんあると思います。

 ということで、冒頭に掲げた本は、諸橋轍次という漢学者が書いたものです。
 諸橋轍次は1883年(明治16年)生まれなので、漢文に対しての教養がまだたくさん残っている時代の方。『大漢和辞典』の編纂でも有名である、中国文化の大家であります。
 本書は、諸橋轍次が研究してきた漢学というものを中心に、実際の中国文化と接してきたエッセイのようなもの。豊富な学問的知識を元に書かれた内容は、時に中国びいきに見えなくもありませんが、そこには多くの示唆が含まれています。

 タイトルの“乱世に生きる”というのは少々オーバーな感じもしないでもないですが、諸子百家の頃の中国人に学ぶという意味では、多くの役立つ知恵が収集されています。



東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







『易の話』 金谷治著 ::: 2013.03.11 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

金谷治先生の名前を知ったのは、元東京大学名誉教授の池田知久先生の講義を受けた時でした。「たくさんの中国古典の訳書を著した方で、とてもオーソドックスな訳で分かりやすい本が多いです。」と紹介してくれました。池田先生は金谷先生のお人柄にも触れておりましたが、とても温厚な方で、学者として尊敬できる方だったと言います。その時すでに金谷先生は故人でしたので、私はその姿を実際に拝むことはできませんでしたが、誠実な池田先生の評価でしたので、このお話はとても印象に残り、今は亡き金谷先生のことを思い浮かべたりしました。その後岩波文庫から出ている『荘子』や『荀子』などほぼ全てが金谷先生の手によるものであることを知り、とてもすごい方がいらっしゃったんだなぁと、中国古典という地味な世界の中にあって、壮大なお仕事をされたんだなぁと感じました。

  そんな金谷先生の著書『易の話』。
  本書は上述したような定評のある金谷先生によるもの。それだけでも読む価値があるというのは言い過ぎであろうか。しかし私がそう思うのは、上述した金谷先生の人格的なものだけではなく、その学問に対するオーソドックスでスタンダードなスタンスにあります。易と聞くと、“当たるも八卦当たらぬも八卦”とも言われるように、どこか占いの一種と考えている人も多く、変なものに凝っていると誤解を受けることも多いです。実際にそういう側面がないわけでもないのですが、しかしそれ以前に、より大きな位置を占める易の本質は、変化を捉えるという哲学的な面にあります。本書は、金谷先生の偏らないスタンダードな姿勢をそのまま現したようなもので、易の占い的な側面と、哲学的な側面の両方をバランスよく捉えたものになっています。内容的には入門書としての範囲ですが、入門書だからこそ偏らない姿勢が大切だと思います。その点で、学問的なバランス感覚のある金谷先生の本書は入門者にとっておすすめです。

 「はじめに」のところにある「占筮と義理」、「思想としての易」など、特に易の哲学的な側面に対して書かれたところは秀逸だと思います。逆に、易に占い的な要素を強く求める方にとっては物足りなさが残るかもしれません。




東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







1