Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『食べ物はこうして血となり肉となる』 中西貴之著 ::: 2013.09.09 Monday

 JUGEMテーマ:オススメの本
東洋医学には食養生という分野があります。周の時代には「食医」という官職があり、とても権威のある位置で重要な役割を担っていました。その伝統を今日まで伝えてきた中国では、現在でも引き続き食事に関する興味は尽きていないようです。日本でも思いつくだけでもいくつかの食事療法が盛んです。例えばちょっとGoogleなどで調べただけでも、『久司道夫のマクロビオティック』『済陽式抗がん食材帖 治った人が食べていた』『これを食べれば医者はいらない』(若杉友子) 『100歳までサビない生き方』(白澤卓二)『「空腹」療法 一日一回おなかを空かせば病気が治る(石原結實)、などなどいっぱい出てきます。しかしどれも決定打が無いというか、それをやって反って体調を崩した方などもいたり、なかなかどれがいいということがはっきりしないところがあります。中には自説による食事療法をビジネス展開していたりと、一体何が何だか胡散臭さも混じってしまうのが食事療法の難しいところです。結局のところ、自分の身体に合ったものを経験的に探していくしかないのかなと思ったりもします。
ということで、様々な食事療法を始める前に、基礎知識として、実際に身体の中で食事はどのように働いてくれているのかを知っておくことは大切なように思います。一般の方はもちろんのこと、私のような鍼灸師においても、患者さんに食事のアドバイスをするためには知っておかなくてはいけないところも多いでしょう。
本書は、「フード・ケミカル・バイオロジー」、「食品動態」という観点から食事、食材を捉え直そうとする試みの下に書かれたものです。章の展開も、「海の恵み」「山の恵み」といったように、身近な食材を例に取りながら、それに含まれる栄養素の体内での動態を詳しく述べています。例えばリポビタンDの宣伝に良く出てくる「タウリン」とは何か?それが身体の中で何をしているのか?など、その名称を良く耳にはするけれど、実際何をしてくれるものなのか知らないものを取り上げているので、食事の栄養素についての豆知識も身につきます。また、各栄養素の構造式もついているので(私自身はその知識がほとんど無いので理解できないのですが・・・)、生化学に興味のある方にはかなり活用できるのではないでしょうか。巻末の索引もしっかりしているので、逆引きのような形で本書を利用することもできると思います。
ただ残念なのは、後半に行くにつれて各素材の内容が薄くなっていくところ。
また、一つの食材を語るときに、どうしても切り口が栄養素から入ってしまうことなども惜しいところかもしれません。しかしこれは、食事というものが一つの栄養素から成り立つものではなく、献立も複数あり、それらが相互に引き起こすお互いへの影響をすべて把握するのは困難でありますから、やはりどうしてもこういった記述になりがちなことは否めないのでしょう。
しかし、「食品動態」という新しい視点をぶらさないようにしようという著者の心遣いがありますので、多くの食事療法が陥りがちな著者の独善的な解釈がなく、科学的な視点があるので、本書を読んでおくと、今後の応用可能な知識となります。
本書が書かれた時点(2009年)での信頼できる科学的な論文を多数引用されており、まだ不確かなところや、動物実験段階のものなどは、正直に今分かる範囲のことまでが書かれていますので、その点でも信頼がもてる内容となっています。できたら今後も新しい知見を入れて続巻や改訂版を出してもらえるとありがたいです。
本書は発展段階のような印象を受け、残念な面もあります。しかしそれは本書や著者の責任や怠慢ではなく、そもそも飲食物、食べ物がどのように身体に働くかということが複雑すぎて、すべてを把握するのが難しいということであります。まだまだ身体のことに関しては、分からないことがいっぱいあると言うことなのでしょう。そういった中で、本書は「食品動態」という新しい視点を提供し、それにそって新しい試みで食事と身体を解明しようとする端緒が見られる好著であります。医師、鍼灸師、栄養士など、医療や食事に関わる方には是非読んでほしい一冊です。
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 
       

 




『勝負食  トップアスリートに学ぶ本番に強い賢い食べ方』 石川三知著 ::: 2013.08.19 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

本書のサブタイトルに“トップアスリートに学ぶ”とあるように、スポーツ選手に向けた本であることは間違いない。しかし最初にも書いてあるように、著者は「サクセスフルエイジング」というものを提唱している。これは著者の造語のようだが、すべての年代の人が、それぞれの年代のパフォーマンスを維持し、一生を通じて楽しい人生を送るというもので、そのための基礎となる食生活の提案のことをいう。世のなかすべての人がスポーツをしているわけではなく、むしろスポーツができないほど体力がないとか、スポーツをする余裕もないままに生活している人の方が多いわけで、そういった意味では、このサクセスフルエイジングという概念は、今後の発展に期待するところ多いと思われます。

本書の特徴は、最初の章で身体の仕組みとそれに合わせた栄養素が記述されているところである。特にスポーツに必要な筋肉、骨、神経などの仕組みや働きを分かりやすく伝えている。こういった栄養素の本は、得てして栄養素別に並べられることが多い。こうなると、栄養素の羅列で終わることが多く、辞典的な使い道しかない。本書のような新書サイズで辞典的な内容だと読んでいてすぐ飽きてしまう。
しかし本書はそういうところがないのが良い。もちろんそういった栄養素別の章もあるのだが、そこに行くまでに身体の仕組みを丁寧に順を追っているために、栄養素の羅列が羅列ではなく、一つ一つ知識として積み重なりやすくなっている。例えば足がつるといった場合、それは神経が上手く伝わっていないから起こる現象であると記しているが、最初の章のところで、神経が伝わる仕組みとそこに関わる栄養素の働きが記されているので、知識が無理なく繋がるのである。こういった話は、生理学をきっちりと勉強しているからこそできるわけで、著者の見識の高さを感じる。

難を言えば、最後の方は駆け足のようになってしまっているところだろうか。また、サプリメントの章も、わざわざ一つの章で解説しなくても良いのではないかと思うし、内容もすこし著者の推測的な話が多いのが気にはなる。しかし最終章では、受験対策用とか、日曜日のサッカー教室付き添い用とか、スポーツには直接関係ない人たちへのアドバイスもあり、著者が提唱するサクセスフルエイジングの概念が活かされているように思う。
ということで、総合的に見ると化なりの良著だと思うので、多くの人にお勧めです。


東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
 
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
  





『内田悟のやさい塾 秋冬』 ::: 2013.04.29 Monday

 JUGEMテーマ:オススメの本

 昨日ご紹介した『内田悟のやさい塾』の秋冬版です。

 春夏版と合わせることで、一年を通じて野菜の旬を学ぶことができます。

 おいしくて、たのしい野菜ライフのお供としておすすめです。




東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ








『内田悟のやさい塾 春夏』 内田悟 ::: 2013.04.22 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

 東洋医学には、鍼灸や漢方薬のような治療に関することばかりではなく、養生という分野も大きなウェイトを占めています。否、むしろ、大きな病気になる前に早め早めに処置をしていく、さらには、小さな病気の芽さえも出さないようにするという予防医学のほうを重視しています。このことを「未病」「治未病」「未病治療」などと言ったりします。

参考サイト 未病の智慧

 気功や太極拳のようなものも養生方法の一つで、他にも様々なものがあるわけですが、中でも重要視しされているのが「食養生」というもの。中国初期の王朝で周という国がありますが、この時に既に「食医」という官職があり、食事によって皇帝をはじめとする国の健康を管理していたと言います。また、「医食同源」という言葉もあるように、食や食事はとても重要な位置を占めてきました。

 そんな食養生の基本の一つに、“旬のものを食べる”というのがあります。
 食養生が生まれた頃は、冷蔵庫もありませんし、運ぶ手段も限られていますので、“旬のものを食べる”というのは当たり前のことだったと思いますが、文明が発達し、ハウス栽培などができる現代では食の旬が乱れていることから、ここに来て改めて“旬のものを食べる”と言われるようになったのだと思います。

 食材の旬に食べると、やはり食材そのものがおいしいです。

 そして、健康になれます。

 おいしくて、健康になれるなんて、とてもお得だと思いませんか?

 冒頭に紹介しました本は、レストランなどに卸す野菜を扱っている「築地御厨(みくりや)」を経営する内田悟氏による野菜の本。

 写真も多く、文章も分かりやすい。野菜に関する情報満載の一冊です。

 食養生のため、家族の食事のため、おすすめの一冊です。


東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ








1