Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『サッカー「観戦力」が高まる』 清水英斗著 東邦出版 ::: 2014.08.18 Monday

JUGEMテーマ:日本代表

 サッカーブラジルワールドカップが終わって1ヶ月以上が経った。今回の日本代表はかなりいいところに行くのではないか?“自分たちのサッカー”で勝ち進めるのではないか?そんな期待が少しずつ膨らみ、開催直前はものすごい期待優先の報道が相次いでいた。もちろん最初から負けるといってしまっては身も蓋もないし、応援するからには勝って欲しいという期待もするのは当然です。しかし現実は一勝もできずにグループリーグで敗退という現実を見せつけられました。グループリーグ敗退後は、一気に日本代表への関心は薄れていき、今となってはあの狂騒はなんであったのかと遠い過去のように思い返してしまいます。辛口評論家の中には、「それ見たことか!まだこのくらいのレベルなんだよ!」という後出しじゃんけんのような言論も見られるし、もう少し前向きな評論家は、「このザッケローニ体制4年間の総括をしないと、次はまだ進めない」という慎重論もある。しかし“熱狂”というものはとても儚く、もうすっかりザッケローニ前監督は過去の人となり、今では次の監督はどういった戦術で来るのだろうかという話で持ちきりになっています。

 そもそもサッカーなんていうのは所詮スポーツに過ぎない。スポーツで飢えた人を救えないどころか、社会を壊してしまう可能性があることは、今回のブラジルの格差社会の実態からも分ることである。しかしそういったことも含めて、サッカーは人材論であったり、組織論であったり、国家論であったり、メンタルであったり、様々な要素が入り乱れているからこそ、そしてそこに人生の縮図を見てしまうからこそ、所詮スポーツなのに、それ以上のものを感じ取ってしまう魅力があるのだろう。こうしてサッカーができること、こうしてサッカーを論じることができるのは、やはり平和であるからこそなのだという自覚もまた必要であろうと感じた。

 閑話休題。

 辛口評論家の言い分では、4年に一度のにわかサッカーファンが日本のサッカーのレベルを下げているという主張がある。もっと高度なものをファンが要求しないから、そして結果や過程にシビアではないから、監督の更迭もなく流されてしまうのだという。どこか芸能人を応援するような、ミーハーなノリがあるのかもしれない。しかし日常生活の中で、サッカーばかり気にしているわけにはいかない。日々の生活があるのだから、いちいちサッカーのことで頭をいっぱいにする必要もないし、辛口評論家に言われる筋合いではない。

 でも、もし、もう少し観戦力を上げることができるとしたら、サッカーがもっと楽しくなる。何気に見ていたサッカーの試合も、球だけを追いかけていたサッカーの試合も、もっともっと奥が深いスポーツだということがよく分るはずなのだ。これだけ全世界の人が熱狂するのですから、そこには必ず何かがあるはずなのです。それを探しにちょっと出かけるのは、人生の愉しみをまた見つけるのではないかと思うのです。

 本書は、サッカーリテラシーを挙げたい人にお奨めです。全く知らない人が読む入門書というよりは、入門を少し過ぎたくらいの人が読むといいかなと思います。中級者の方で、さらにレベルアップをしたい方にとっても、もっと視野が広がるかなと思います。点を入れるフォワードや、そこに指示を入れるミッドフィールダーに目が行きがちですが、本書は、ディフェンスやゴールキーパーなどにも誌面を割いているので、サッカーのフィールド全体への目が行き届くようになると思います。
 4年後のロシア大会に向けて、辛口評論家に“にわかサッカーファン”とこき下ろされないためにも、今から少しずつサッカーへの視点をレベルアップしておくのはいかがでしょうか。
 

  サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である サッカー批評(69) (双葉社スーパームック) ヨハン・クライフ サッカー論 中村俊輔オリジナルサッカーノート3冊セット ([バラエティ]) 戦術リストランテIII 「ポスト・バルセロナ」の新たな潮流 Number PLUS「イビチャ・オシム 日本サッカーに告ぐ 2014」 [ムック]

東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






『サッカー日本代表システム進化論』 西部謙司著 ::: 2013.11.11 Monday

JUGEMテーマ:読書感想文

 サッカー南アフリカワールドカップを見終わったとき、私はにわかファンを卒業しようと思った。それまでもワールドカップイヤーが来る度に注目し、それなりに熱く観ていたとは思った。しかし所詮にわかファンであって、ネットのニュースや論評を読んで知ったような顔をしていた。ここでその観戦を卒業しよう、にわかファンを卒業しよう、そんな風に思うようになった。そのきっかけは南アフリカ大会の試合だったし、オシムさんの本でもあった。ここまで哲学的なスポーツもないだろうと、思ったのだ。観戦は自由だから、そんな哲学なんぞは必要ないという方もいるだろうし、それはそれでいいと思う。そんな自由の中で、私はサッカーに哲学を観たのだ。東洋医学にも似た哲学だ。

 にわかファンを卒業するにあたり、まずは戦略、戦術面の知識を詰め込もうと思い立ち、いくつかのフォーメーションに関する本を手にした。そしてその後は監督、そして最近は選手について。このブログでも取り上げましたが、長谷部誠選手、長友佑都選手などの本を読み、素直になることが大切だと教えてもらった。わたくしめ、遅ればせながら、そのことを彼らに教えてもらったのだ。いよいよ来年はワールドカップ、どんな大会になるのだろうと今から楽しみで仕方がない。

 そんな折りに見つけたのが冒頭の『サッカー日本代表システム進化論』(西部謙司著)。本書が扱っている年代は、今から29年前の1984年から始まり、南アフリカ大会直前の2010年まで(南アフリカ大会は2010年6月から開催で、本書の発行は2010年2月)。1984年の頃から日本代表を追いかけているコアなファンの方からしたら、懐かしい話も多いのではないかと思います。遅れてきたファンの私にとっては、「こんな弱い時代もあったのか・・・」と今とのギャップに驚くとともに、大会毎に少しずつ前進してきた日本代表の姿が、まるで一人の人間の成長のように感じてしまう、そんなところにも人生という哲学のようなものを感じずにはいられない。

私自身の記憶を辿っていくと、やはりドーハの悲劇はなんどもテレビで扱われたので覚えていることも多い。特にオフト監督の風貌の印象は強かった。実際にこの辺りから日本代表のレベルはかなり大きく前進しているという。そしてこの土台を元に次へ・・・。このオフト監督からの日本代表の成長の過程は、本書でも誌面を割いて書かれている。そしてフランス大会、日韓大会、ドイツ大会、そして次は・・・と、その時々の中心メンバーの証言を基にしながら考察をしている。

 私のようなまだまだライトなサッカー日本代表ファンとしては、この29年の流れを追いかけるという意味ではとても参考になる本だと思う。大雑把な日本代表の流れを知っておくことは、今を知る手がかりになる。しかしもっとコアなファンにとってはかなり物足りないのではないだろうかと思うし、中にはタイトルに偽りありと思うくらいの人もいるかもしれない。
まず当時を証言をする選手(元選手)が少なすぎるように思う。すべてのメンバーに聞けばいいというものではないのかもしれないし、日本代表を率いた監督に聞けばいいというものでもないかもしれない。それらすべてをまとめようとしたら小さな新書サイズには収まらないのは当然だし、著者自身は各選手へのインタビューをした上での、情報を取捨選択したまとめ的なのものかもしれない。しかしかといってこの人数ではちょっと絞りすぎではないかと思うし、内容が薄いと言われても仕方ないかもしれない。
 よって、私のようなまだまだ甘ちゃんファンにとっては、☆は3〜4くらいの価値があるかもしれません。しかしコアなファンにとっては☆2つくらいなのかなと思います。来年のブラジル大会へ向けて、サッカー日本代表に関するサッカーリテラシーを少し上げておきたい人向けです。
 
サッカー日本代表 「個の力」の本当の意味 (じっぴコンパクト新書) サッカー日本代表フォトブック サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)
 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』 長谷部誠著 ::: 2013.08.26 Monday

 JUGEMテーマ:オススメの本
 
長谷部誠はかっこよすぎる。話す言葉も、爽やかさも、笑顔も。そしてピッチ上での真剣な顔も。
 
私はひねくれ者なので、正直こういった人には裏があるのではないかと思ってしまって敬遠してしまう。この本が出版されて人気が出ていると聞いたときも、自分とは相容れない内容だろうし、読んでも無駄であろうと思った。
 
しかし最近、やはり読んでみようと思った。
 
それは、サッカー日本代表というとてつもないプレッシャーのかかる勝負の世界で、キャプテンという重圧を感じながら活躍することは並大抵ではないことを知るにつけ、やはりこの男は何かを持っているのだろう、そしてきっと私のような凡人には分からないことを多く感じているのだろうと思い、ようやく重い腰を上げて読むことにしたのです。
 
すると、どうだろうか・・・。
 
うむ。
 
うむむ。。
 
ところどころ、「若い!」とつぶやいてしまうところがある。さらには「ミスターチルドレンBEST15」というのは、明らかに心を整えることとは無関係だったりもする。全体のトーンとしては、やはり長谷部誠ファン(特に女性ファンへかな?)へ向けたファンブック的な感じがしないでもない。
 
しかし、
 
しかしだ、
 
やはりそうはいっても、日本代表チームのキャプテンなのだ。日本中探したって、この重圧を感じた人は過去から現在に渡ってそれほどたくさんいるわけではなくて、やはり貴重な経験を積んだ人なのだ。そういった希有な存在、そしてかつ、その華やかさに大きく流されることなく自分の流儀を実直に務めてきた人間のピュアな姿ここにはある。
 
本を読んだ後、私は素直につぶやいた。
 
「長谷部って天然なんだなぁ。」
 
 
天然な長谷部選手が、実践で身につけた生きる姿勢。それは彼のプレースタイルそのものだ。
 
私のような40を過ぎた中年(おっさん)でも、この若い侍から学ぶことがあった。嫌味な奴だと敬遠していたけれど、とても尊敬できると思うことができる。
 
思えば、私の同世代のスポーツ選手で、現役当時にこのような本を出した人がいるであろうか?いわゆるアイドル本みたいなものは多数あったと思うが、このように、心の内面を描いたものはなかったのではないだろうか。これは時代の流れなのかもしれないが、それ以上に、人間・長谷部誠の魅力が、外見ではない中身の強さにあるからこそこの本が誕生し、そして若い世代に受け入れられたのではないだろうか。現在、これまで以上に才能のある若いスポーツ選手が台頭していますが、その先陣を切ったのが長谷部選手で、そのよいDNAが新たな若い人たちに伝わってるように思います。

これからも長谷部選手からまだまだ目が離せない。 

私はこの本からいろいろ学びました。

特に、素直でいることが大切だと痛感させられました。
 
 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 
  






『観察眼』 遠藤保仁・今野泰幸著 角川ONEテーマ21 ::: 2013.06.10 Monday

評価:
遠藤 保仁,今野 泰幸
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 760
(2012-01-10)

JUGEMテーマ:日本代表

 2010年の南アフリカワールドカップの記憶は、今からすでに3年が経っている。その後日本代表の監督はイタリア人のザッケローニ氏に替わり、アジアカップの優勝を挟みながら次のワールドカップへの挑戦を続けている。そういった変化がたくさんありながらも、あの南アフリカワールドカップの記憶は比較的新しいように思う。サッカー男子日本代表から黄金世代が去っていった後、日本代表の人気は永らく低迷していた。しかし南アフリカワールドカップ
の活躍によって人気はV字回復を図った。やはり日本のサッカーの進歩は、まずは日本代表の活躍にあるので、この回復は喜ばしいことであったと思います。

 本書は2012年の1月に初版が発行されました。南アフリカワールドカップの便乗であるならば、かなり出遅れてしまった感はあります。タイミング的には、本書は便乗というよりは、南アフリカワールドカップと次のブラジルワールドカップの中間点としての俯瞰であり、内容も、過去を振り替えつつ、現在のザッケローニ監督での役割などが主題になっています。

 正直、今野泰幸選手の内容は学ぶところが少ないかも・・・?失礼ながら、うーん、こんなにメンタルが細くて大丈夫かな?なんて思うところもちらほら。そのあたりは本人も重々承知のようなので、私がここでそれを指摘しても名誉を傷つけることにはなさそうですが、読んでいる者にとっては、物足りなさを感じるところもあります。しかし逆に、あの日本代表という相当なプレッシャーの中でプレーをして、各監督から信頼を勝ち取っていく姿は、私を含めた地味な生活者にとってはとても心強く感じたりするかもしれません。メンタルの弱さを克服するところを、今野選手は身を以て私たちに示してくれているのかもしれません。

 本書の一方の語り部である遠藤保仁選手は、息の長い日本代表であり続けているばかりか、未だにそのちいを脅かす選手がいないほどの圧倒的な存在感を試合で出し続けている。ミッドフィールダーという試合をメイクするタフな役割を担いながらも、それを淡々とこなしていく姿はやはり“何か”を持っている存在に違いないと思います。
 その遠藤選手が、何を考えて、何を思ってプレーをしているのか。このあたりは非常に参考になるところがあります。遠藤選手のプレーは派手さはなく、飄々としている。試合中に激高することもほとんどないので、一見すると何も考えていないように思う人もいるようです。しかし一つ一つのポジショニングやパスなどは奥が深い。
 チームとしてどのようなところを注意しているのか、個人としてどこに重点を置いているのか、そういった遠藤選手のサッカーでの観察眼は、私たちの日常生活やビジネスなどにも共通するところも多いので、遠藤選手のプレーに興味のある方は本書を手にしてみてはいかがでしょうか。

東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ











1