Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『原初生命体としての人間 野口体操の理論』 野口三千三著 岩波現代文庫 ::: 2013.01.07 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

 私は2000年にはり師・きゅう師免許を取得し、以来伝統鍼灸を中心に研鑽を重ねています。その過程は紆余曲折、試行錯誤の連続で、今も日々その深化と進化を求めて臨床に当たっております。

 何事にも共通することはあるもので、一つの道を究めた方のお話は特に傾聴に値するものが多いように思います。私もそういった普遍的な価値のようなものを東洋医学・鍼灸の中に見出していきたいと思っており、幅広いジャンルの本をできるだけ読むようにはしています。しかし限られた時間の中でのことなので、分野が限られてしまうのは致し方ないとして。

 そういった中で、最近私が思うのは、東洋医学・鍼灸を施術するものは、学問・技術・感覚の三つのバランスが大切だと言うことです。これは意識、無意識、行動と言い換えてもいいのかなと思いますが、いずれにせよ、机上の学問だけでは実際の患者様に接することができませんし、技術だけでも身体の見立てができませんし、感覚が良くても、その感覚が何を意味しているのか理解できていないと、その場限りになってしまいます。
 私はどちらかというと学問が優先してしまうタイプです。すぐに文献に頼りたくなりますし、そこに答えがあると探してしまう癖があります。もちろんこれによって貴重な一文に出会ったり、大切な文献を見出すこともあります。しかしそれだけでは行き詰まることがあり、実際の臨床につなげることが難しいこともあります。こういうときに、鍼という技術があると、頭での理解が指先の技術へと結びついていきます。そしてその技術によって得た確信のようなものが、感覚にフィードバックされていき、「あ、あの文献に書いてあったことは、こういったことなんだ」と腑に落ちることがあります。

 こういった学問・技術・感覚の三つのリンクは、人それぞれの得手・不得手によって変わってくると思いますので、それぞれのやり方で学んでいくことで良いのではと思います。しかしそれにしても私は学問が先に立ちすぎてしまい、感覚を磨くことがおろそかになってしまいます。猫などを観察していますと、本当に自分は感覚が弱いんだなぁと思ったりします。

 本書『原初生命体としての人間』は、身体と心の関係を、著者自身の体験を通して語ったものです。著者の野口三千三氏は、東京藝術大学の教授として、野口体操という独特な手法で身体と心を教えられていた方です。残念ながら故人でありますので、著書以外ではもう野口氏に会うことはできないのですが、もし存命であったら、門を叩いてみたい・・・そんな気持ちにさせてくれる方です。
 私自身はあまり身体を動かさない方なので、身体の感覚がとても弱いと思うのですが、そういった私の弱い部分を、まずは私の得意な頭の方から変えてくれる一冊となりました。少し理論的なお話しが続く本書ですが、意識・無意識・感覚のバランスが崩れそうになっている方にお薦めです。生命っていったい何なんだろう、そんな根本的な感覚の端緒を見た気がします。



東京・表参道の鍼灸院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ








スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment