Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




ブーアの森 絵:忌野清志郎 文:せがわきり ::: 2013.02.04 Monday

JUGEMテーマ:絵本紹介

 日本ロック界の永遠のカリスマ、忌野清志郎。奇抜なファッションや派手なメイクだけが記憶に残っている方も多いかもしれませんが、実は清志の世界は叙情的。そしてまっすぐ。そういうところに未だ惹かれている私でもあります。

 清志は、幼い頃は絵を描くのが好きな少年だったそうです。クラスメートに読み回すための本を作ったりしていたようで、その頃の作品は個展『忌野清志郎展』にも実物が展示されていました。高校には美術部に所属し、その顧問の先生との思い出によって、あの名曲『ぼくの好きな先生』が産まれました。 

 そしてその後清志はもちまえの画力を発揮して、油絵を描いたり、ウクレレに絵を描いたりと、音楽以外の所でもその魅力を発揮していました。

 その清志が絵を担当した作品が、この『ブーアの森』。
 ブーアとは、ブルーアースの略。ブーアは、ブルーアース、つまり青い地球の象徴。
 ブーアは調子がよい時は目が青く、調子が悪くなるにつれて黄色、赤と変化していきます。しょうくんと出会って、しょうくんと人間の居住地を経験するにつれて、ブーアの目は黄色、さらには赤となって瀕死の状態になっていきます。

 しょうくんはブーアを助けることができるのか、そして、ブーアと一緒に過ごすことができるのか。

 清志の独特の絵が、地球と人間の接し方を強烈なインパクトで教えてくれます。地球が壊れていく、壊れきってしまその前に、私たちは何か行動を取る必要があるのではないか、そう問いかけてくれる一冊です。何か特別な行動ではなく、ちょっとした小さな心がけのようなものからでもはじめたいと思います。




東京・表参道の鍼灸院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment