Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『昭和鍼灸の歳月』 上地栄著 ::: 2013.02.11 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本
JUGEMテーマ:健康

 この『昭和鍼灸の歳月』は、経絡治療と呼ばれる鍼灸の流派が、どのように再興されていったかというドキュメンタリーです。
 経絡治療は、鍼灸の中でも伝統鍼灸、古典鍼灸の部類に入りますが、この方法論はいつの頃からか途絶えてしまっていました。その途絶えた道筋をもう一度つなげるべく立ち上がったのが、柳谷素霊(やなぎやそれい)という先生でした。数々の伝説のある先生ですが、このカリスマの下、昭和初期に多数の大志を抱いた鍼灸師が集まりました。

 “たかが鍼灸、されど鍼灸”、小さな鍼灸という世界ではありますが、小さな世界にあってもこうして時代の泰斗が集結し、時代を一歩進めました。小さな世界の大きな志、病気を治せる鍼灸を目指して、伝統的な鍼灸の再興に当たりました。どうやら千葉の田舎町で経絡治療をやっている翁がいると聞けば、実際に足を伸ばして教えを請う、そして『黄帝内経』『難経』といった古典医学書を読み、解釈し、臨床に活かすの繰り返し。皆で研究を重ね、古典的な治療の再検討を続けた結果、『経絡治療』というものがまとまりました。これは鍼灸発祥の中国本土にも観られないもので(途中で廃れてしまったため)、日本人の温故知新による再発見という偉業であります。

 本書は、「経絡治療」が出来上がる過程をつぶさに記録したもの。いわば「プロジェクトX鍼灸篇」のようなものです。著者の上地栄先生は既に故人ですが、生前は東洋鍼灸専門学校で医学史を教えたり、経絡治療の勉強会も主催していたそうです。私の知人で、サラリーマンでありながら鍼灸専門学校に通って免許を取得した方がいるのですが、その方が上地先生の勉強会に出席した時に、「きみはサラリーマンをやりながら鍼灸師をするなんて、なんて卑怯な奴なんだ!」と怒鳴られたそうです。それくらい上地先生は経絡治療に対して情熱を持っており、生半可な気持ちで鍼灸を学んでほしくないという気持ちがおありだったようで、知人曰く「侍のような先生だった」ということです。

 現在私も小さな鍼塾をしております。この2月は塾生の都合でお休みをしておりますので、時間もできるだろうと言うことで、この本を回し読みしてもらうようにしました。鍼灸にかける熱い思いを感じ取って、鍼灸を勉強することに誇りと楽しみを持ってもらいたいという願いを込めて。


東京・表参道の鍼灸院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment