Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『自分のアタマで考えよう』 ちきりん ダイヤモンド社 ::: 2013.03.18 Monday

評価:
ちきりん
ダイヤモンド社
¥ 1,470
(2011-10-28)

 JUGEMテーマ:オススメの本

 私たちは経験を積み重ねて生きています。過去に起きたことと、目の前に起きていることを照らし合わせながら次はどうしようと考えて行動に移します。これは過去から現在、そして未来へ進む一直線の時間の矢印の上に立ち、脳という記憶装置にその経験をとどめていく人間にとっては当たり前のことです。そしてこの経験の積み重ねは、生きる指針になったり、成功体験となったります。

 しかし時によってはその経験が邪魔をすることがあります。この間はこれでうまくいったのだから次も同じようにすれば良いはずだ、逆に、この間はこれで失敗したのだから今回は別の方法を試してみようと判断をしますが、経験が邪魔をする時は、これまで自分の正攻法だと思っていたものが全く逆に作用することがあります。こういった状況では、これまで積み重ねてきた経験は全く意味を成しません。これは思考の阻害となって私たちの思考に限界の壁を作ります。こうなるともはや成功体験という輝かしい経験は、“思い込み”、“偏見”、または最近一般化しつつある言葉で言えば、“バイアス”ということになります。そしてこれが行きすぎた結果は“頑固”、“頑迷固陋”といったあまりいい称号となり、もはや行動はどんどん間違った方向へと突き進むか、全くの膠着状態になってしまいます。

 また私たちは日頃多くの情報に接しております。数多くの情報のなかには、正しいものと正しくないものがあります。また、どちらにも区別できないものもあります。さらにこういった情報は、情報を発信する人のバイアス(思い込み)を含んで伝わることが少なくありません。例えばあるテレビ番組である人を酷評していたら、その人はそういう人なんだなぁと刷り込まれます。こうなると私たちの思考は、自分で考えているものではなく、他人の思考をそのまま借りている状態になってしまいます。

 かなり前置きが長くなってしまいましたが、本書はそのような情報の偏見や刷り込みから抜け出して、自分なりの分析力を身につけて、自分なりの意見を持とうというのが著者ちきりんさんの言いたいことの全容で、だからこそタイトルに“自分のアタマ”で考えると付いています。

 本書は、誰もが普段目にしている具体的な9つの事象を元に、一つ一つ思考の過程を追いかけながら思考の技術を提供しています。データの比較の仕方、グラフの応用方法など、とても具体的ですので、自分でもあるテーマを素材にこの方法論をなぞってみると、かなり自分の偏見を抜け出せるのではないかと思います。私自身年を重ねて、自分の思考にこびりつつある垢を落とさなくてはいけないと思っておりますが、本書はこれからのヒントになるように思います。また、読み終えて思ったことは、ひとつの命題をじっくり考える時間をもつということです。ここに提供されている分析技術は、時間をかけて自分のものにするもので、一つのことをじっくり捉えるという今期が一番必要だと感じました。この本に書いてあることを軽く読み流さないように、何度も読み返してみたいと思います。

 「あの人は頑固だからさ〜」と言われる前に、自分の思考方法そのものをブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか。





東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう

東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment