Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『親と子の食物アレルギー』 伊藤節子著 講談社現代新書 ::: 2013.05.27 Monday

JUGEMテーマ:健康

 
 
 小児鍼をしておりますと、様々な症状を伺います。中でも深刻なのは皮膚症状ではないでしょうか。風邪や鼻水などは、身体の免疫力を高めるようにしてあげるように、お子さんが持っている自己治癒力の手助けをしてあげればいいのですが、皮膚症状は改善までに時間もかかりますし、単純に免疫力高めればいいというものではなく、適切な指導が必要となります。

 一番重要なのは、皮膚症状を悪化させない生活環境を整えることだと思います。皮膚はしたから少しずつ成長していき、やがて古い皮膚は垢となってはがれていき、下から上がってきた皮膚が表に出てきます。このサイクルを元に戻してあげること、このサイクルを邪魔しないように、かき壊しが極力起きないようにしてあげることが大切になります。

 皮膚の状態を悪くするもので、最近多いのが食物アレルギーです。卵、牛乳、小麦といったごくありふれた食材によってアレルギーを起し、アトピーのような湿疹を起していくことがあります。これは主に子供の腸内環境がまだまだ未成熟であるために起きるのですが、適切な指導をしないままでは治る機会を失うばかりか、喘息や他のアレルギーを引き起こすこともあり、より厄介なものになってしまいます。
 本書は、そういった悲劇を起さないための指針を示したものです。著者は日本小児アレルギー学会の理事などを勤める医師で、食物アレルギーに対する基準の作成にも携わった方です。丁寧に一つ一つ順を追って解説していますので、食物アレルギーの基礎知識として一読しておくことをお勧めします。少々同じことの繰り返しなところがありますが、そのあたりは著者が特に強調したいところなのだと思います。

 著者が何度も繰り返す、“小児に起きる食物アレルギーは必ず治る”という言葉は、袋小路に入ってしまった親御さんにとっては、とても大きな支えとなるに違いありません。


東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ











スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment