Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『下山の思想』 五木寛之著 幻冬舎新書 ::: 2013.07.15 Monday

JUGEMテーマ:読書感想文

 世の中に登山を薦める本はあまた存在します。また、上昇志向というのか、登ることを薦める本はたくさん在ります。私がこの本を読み始めた頃、おりしも三浦雄一郎氏がエベレスト最高齢記録を樹立したニュースが流れており、ちょっとした明るいニュースとしてテレビでは比較的大きく取り上げられていました。人間何歳からでもやればできるものだと、何だか私も嬉しくなりました。しかしその次の日だったか、体調を崩して下山はヘリコプターを使ったというニュースも流れ、この『下山の思想』を読んでいた時だったので、どことなくこのニュースに違和感を感じずにはいられませんでした。

 本書は、「登り詰めた日本はこの先どこへ行くのだろう」という読者への問いかけが前半で、後半は、高齢者に入った著者自身の心境を綴ったエッセイと区分できます。

 前半の問いかけの部分では、頂点を極めてしまった日本が、いかに今後ソフトランディングをしていくか、どうやったらこの難局を乗り越えていけるのか、そういった著者なりの達観したものの見方を綴っています。これは日本という国だけではなく、一人一人のライフサイクルの中でも耳を傾けておく内容ではないかと思いました。

 後半は、正直まとまりがなく、まさにつれづれなるままに語ったようなもので、内容はそれほど濃いとは言えないようにも思います。そういう点でこの『本でもって』に取り上げるのはどうかなとは思いました。しかし、たぶん自分自身も著者と同じような年齢に向かっていった時に、同じような心境となり、ひょっとしたらこの本が、自分の心の中にある郷愁を助けてくれる一冊になるのかもしれないとも思いました。

 前半と後半では全く違う趣がある本です。これから青春を生き、上昇する年齢に入っていく方にとっては、あまり必要のない本だと思います。あまりに参考にしすぎると、若くして老成してしまいかねない、そんな本ではあります。しかし、「登山」ではなく「下山」に注目するというものは他にありませんので、これはこれで貴重ですし、さて、これからどうやって自分の人生の舵を切っていこうかと思い出した中高年以降の方には読んでみる価値があるかもしれません。


東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ







スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment