Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『一休 風狂の精神』 西田正好著 講談社現代新書 ::: 2013.07.22 Monday

 JUGEMテーマ:オススメの本

 一休禅師というと、どうもアニメの『一休さん』のイメージが強くなってしまいます。あの東映アニメーションが製作した『一休』さんは、主題歌や頭をなでるときのポクポクポクポクという効果音などが印象的で、あまりに出色のできすぎたのが、一休さんのイメージをとんち坊主になってしまったように思います。しかしそれが一休さんの庶民性と重なっていて、時代を経た今日においても、なんだか一休さんに親しみを感じてしまうのが面白いところです。

 それでは実際の一休さんはどんなことをしたのだろう?いったいどんな人物なのだろう?一度は一休さんの実像にすこしは触れてみたいと思っていたところ、古本屋で本書を見つけました。

 本書は、一休禅師が生きた時代背景や、出生の話などからはじまります。高貴な家柄から外に出されたこと、そして数々の奇行などをエピソードとしていくつかを紹介し、そこから章を重ねるごとに徐々により深いところへと話が進んでいく構成です。

 著者の西田正好氏は、中世の日本文芸、日本美を研究された方で、その視点がこの本にも貫かれています。西田氏は、一休禅師の思想が様々な分野の人に受け継がれていき、「一休文化圏」(著者考案の言葉)を形成し、日本の精神文化の底流に多大な影響を与えていると説いています。西田氏が唱えるように、日本のルネッサンスとして日本の中世を捉え直してみると、もっともっと多くの日本流の精神文化を見出していくことができるのではないでしょうか。

 時代の変革である今だからこそ、一休禅師の風狂な姿勢は、新しいなにかを生みだす原動力になるのではないでしょうか。



東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など

よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ


花鳥風月のこころ (新潮選書)
日本の美―その本質と展開 (1970年)
神と仏の対話―神仏習合の精神史 (1980年)






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment