Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『上昇思考 幸せを感じるために大切なこと』 長友佑都著 ::: 2013.10.14 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本
 
 はっきり言って内容は同じことの繰り返し。内容を集約すると、中学のときに所属していたチームのモットーや高校の校訓など。そういったものは押しつけがましく教訓めいているし、決して新しいものではないので、本書はある意味つまらないかも知れない。それを批判する人もいるだろう。

 しかし飽きることなく、むしろ圧倒的な勢いで興味が沸いて読み進めていくことができ、そして自分もやってみようかという気持ちになるのが本書の不思議な魅力。まるで長友選手のプレイスタイルをみているような感じがする感覚、と言ったら大袈裟だろうか。
 「三日坊主」という言葉があるように、私たちの意識はそれほど長続きするものではありません。しかし世の中には三日坊主にならずにずっと同じことを続けていくことができる人がいます。結果としてこういった継続ができる人が最後に大きな結果を遺すことができます。それに気がついていながらなかなか・・・というのが私のような凡人の悲しい性・・・。と、悲しんでもいられないので本書の内容が大事になってきます。
本書では、長友選手がさまざまな壁を乗り越えていく中で培ってきたこころの飽和点を垣間見ることができます。本書の肝(きも)はそこではないでしょうか。世の中には美辞麗句や偉人の名言を並べた本はあまたありますが、そこには実践の魅力がありません。読んで感動はするけれどすぐに忘れてしまう、それが名言集の悪いところ。しかしこの長友選手の本は、長友選手が歩んできた実践の道の記録であります。そしてその歩みが飽和点に達したときに、長友選手の中で大きく弾け飛んだ人生の真理のようなもの、それがここに集約されています。少々大げさな言い方になりましたが、悟りにも似たような確信を得るその瞬間を、長友選手の目を通して知ることができます。

人生は複雑なことがいっぱいあります。嫌なこともしなくてはいけません。ストレスも溜まります。
しかし、意外と人生はそれほどこみ入ったものではなくて、とてもシンプルなものなのかも知れません。
だからきっと、長友選手が言いたかったことはシンプルなことばかりで、それを実直に、実践して繰り返していくだけというのが結論で、それ以上のことを書く必要もなかったためにこういう内容になったのでしょう。


 少し前のサッカー日本代表選手は、中田英寿のようなクールな感じがかっこよく見えたものです。しかし今はあのようなクールさは何だか不格好にしか映らない。長友選手のように、這いつくばりながらも駆け上がる実践の姿にこそ感動を覚えてしまう。その理由が本書に凝縮しているような気がします。サッカー日本代表は、代が変わるごとに進化していると思いますが、それはプレイとか技術とかそういった面だけではなく、こころも大いに成長しているのでしょうね。

自分を見つめ直す、そして長友選手のように実践していくこと。毎日忘れないように、いつも何処かで思い出す、そういったことの繰り返しこそが日々の成長につながる。そしてそれは物質や金銭ではなく、“こころの力”なのですね。


 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院

東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
 
  








スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment