Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『サッカー日本代表システム進化論』 西部謙司著 ::: 2013.11.11 Monday

JUGEMテーマ:読書感想文

 サッカー南アフリカワールドカップを見終わったとき、私はにわかファンを卒業しようと思った。それまでもワールドカップイヤーが来る度に注目し、それなりに熱く観ていたとは思った。しかし所詮にわかファンであって、ネットのニュースや論評を読んで知ったような顔をしていた。ここでその観戦を卒業しよう、にわかファンを卒業しよう、そんな風に思うようになった。そのきっかけは南アフリカ大会の試合だったし、オシムさんの本でもあった。ここまで哲学的なスポーツもないだろうと、思ったのだ。観戦は自由だから、そんな哲学なんぞは必要ないという方もいるだろうし、それはそれでいいと思う。そんな自由の中で、私はサッカーに哲学を観たのだ。東洋医学にも似た哲学だ。

 にわかファンを卒業するにあたり、まずは戦略、戦術面の知識を詰め込もうと思い立ち、いくつかのフォーメーションに関する本を手にした。そしてその後は監督、そして最近は選手について。このブログでも取り上げましたが、長谷部誠選手、長友佑都選手などの本を読み、素直になることが大切だと教えてもらった。わたくしめ、遅ればせながら、そのことを彼らに教えてもらったのだ。いよいよ来年はワールドカップ、どんな大会になるのだろうと今から楽しみで仕方がない。

 そんな折りに見つけたのが冒頭の『サッカー日本代表システム進化論』(西部謙司著)。本書が扱っている年代は、今から29年前の1984年から始まり、南アフリカ大会直前の2010年まで(南アフリカ大会は2010年6月から開催で、本書の発行は2010年2月)。1984年の頃から日本代表を追いかけているコアなファンの方からしたら、懐かしい話も多いのではないかと思います。遅れてきたファンの私にとっては、「こんな弱い時代もあったのか・・・」と今とのギャップに驚くとともに、大会毎に少しずつ前進してきた日本代表の姿が、まるで一人の人間の成長のように感じてしまう、そんなところにも人生という哲学のようなものを感じずにはいられない。

私自身の記憶を辿っていくと、やはりドーハの悲劇はなんどもテレビで扱われたので覚えていることも多い。特にオフト監督の風貌の印象は強かった。実際にこの辺りから日本代表のレベルはかなり大きく前進しているという。そしてこの土台を元に次へ・・・。このオフト監督からの日本代表の成長の過程は、本書でも誌面を割いて書かれている。そしてフランス大会、日韓大会、ドイツ大会、そして次は・・・と、その時々の中心メンバーの証言を基にしながら考察をしている。

 私のようなまだまだライトなサッカー日本代表ファンとしては、この29年の流れを追いかけるという意味ではとても参考になる本だと思う。大雑把な日本代表の流れを知っておくことは、今を知る手がかりになる。しかしもっとコアなファンにとってはかなり物足りないのではないだろうかと思うし、中にはタイトルに偽りありと思うくらいの人もいるかもしれない。
まず当時を証言をする選手(元選手)が少なすぎるように思う。すべてのメンバーに聞けばいいというものではないのかもしれないし、日本代表を率いた監督に聞けばいいというものでもないかもしれない。それらすべてをまとめようとしたら小さな新書サイズには収まらないのは当然だし、著者自身は各選手へのインタビューをした上での、情報を取捨選択したまとめ的なのものかもしれない。しかしかといってこの人数ではちょっと絞りすぎではないかと思うし、内容が薄いと言われても仕方ないかもしれない。
 よって、私のようなまだまだ甘ちゃんファンにとっては、☆は3〜4くらいの価値があるかもしれません。しかしコアなファンにとっては☆2つくらいなのかなと思います。来年のブラジル大会へ向けて、サッカー日本代表に関するサッカーリテラシーを少し上げておきたい人向けです。
 
サッカー日本代表 「個の力」の本当の意味 (じっぴコンパクト新書) サッカー日本代表フォトブック サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)
 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment