Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『最強伝説 黒沢』 福本伸行著 ::: 2013.12.23 Monday

JUGEMテーマ:読書感想文

 あるときたまたまアメトークを見ていたら、その日は漫画家・福本伸行氏をリスペクトする回でありました。独特な絵柄で、気にはなる漫画家でしたが、たまに定食屋さんに置いてある雑誌をチラ見をする程度でした。しかしこの回のアメトークを見て、俄然読みたくなりました。しかし私が読みたくなったのは、福本氏の代表作である『カイジ』ではなく、『最強伝説黒沢』というもの。

 日本の漫画の始まりは鳥獣戯画だということを、小学校の社会の授業で知りました。鳥獣戯画の成立には諸説あるようで、複数の絵師が平安時代末から鎌倉時代初期にかけて画き綴ったもののようです。以来時代を重ね、手塚治虫の出現により漫画というものが一大文化として拡大した日本ではありますが、この間どれだけの主人公が漫画に登場したことでしょうか。日本だけではなく、外国のものを含めてどれだけの数の漫画が存在しているのか分りませんが、そんな膨大な中にあって、未だかつて四〇代の冴えないおっさんが主人公であったことがあるでしょうか?しかもその主人公の職業は中小企業の工事現場の監督。結婚できない四〇代のおっさん、顔も失礼ながらかっこいいとは言えない厳つい男。そんな男が主人公だなんて言ったら、誰が読むだろうか、この漫画は?

 『最強伝説黒沢』の最初は、日韓のワールドカップからはじまります。初めての日本でのワールドカップ開催、キャプテン宮本恒靖氏をはじめとする選手の躍動はまだまだ記憶に新しい。あの当時、私はまだサッカーというものの奥深さを全く知りませんでしたが、にわかサッカーファンとして同じように盛り上がっていました。まさに、この漫画のこの始まりと同じように・・・。そして同じように、私のこころの中でも何かもやもやしたものが沸き上がっていたのでした。それは言葉では上手く表現できなかったのですが、この『最強伝説黒沢』の冒頭が、まさにそのもやもやなのです。そしてそのもやもやを払拭すべく、今の自分を省みるにつけ、どこかやるせなく、どこかすっきりとせず、どこか野暮ったくも焦りのようなものを感じてしまう。あのもやもやの原因は、自分の中にある屈折した心の闇なのではないでしょうか。

 しかし人間(いや、人間と一般論で語るのではなく、“私”と呼ぶべきであろう)とは愚かなもので、のど元が過ぎればそのもやもやもいつしか忘れてしまいます。そしてまた変りもしない日常が繰り返される・・・それが人生というものだとどこかでクールに流してしまう・・・。

 でも、それではダメなのだ・・・。

 自分を変えなくてはいけないのだ・・・。

 サッカー選手のように、大きな非日常はこの先も自分の人生の中にはないだろう。

 しかし・・・しかしだ。

 小さな日常の中にあっても、“私”が輝ける瞬間はあるはずなのだ。

 そのために大切になるのが「矜持(きょうじ)」なのだ。
 誰にも傷つけられない、自分の中の矜持。それをしっかりと確認しておくことが大事なのではないだろうか。

 『最強伝説黒沢』の物語は滑稽です。そしてもの悲しく、救いようがありません。

 しかし少しずつ見つけていく自分という存在。
 ここは絶対に外せないという、自分自身の矜持。

 小さなことではあるけれど、その小さな日常の積み重ねこそが大きな力になると感じられる物語です。
 救いようのないと思った主人公が、最後は大きな愛に救われます。そして黒沢の物語を共有した自分の心の中にも、救い出したい自分の矜持が見つかるような気がしました。



銀と金 1 (highstone comic) 賭博黙示録カイジ 1 (highstone comic) 人生を逆転する名言集 カイジ「命より重い! 」お金の話

 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment