Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『情報は1冊のノートにまとめなさい(完全版)』  奥野宣之著 ダイヤモンド社 ::: 2014.01.06 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本

 私も40歳を超えて早丸3年が経ちました。この歳になるまで、いったい自分は何をしてきたのだろうか?記憶が鮮明な場面もあれば、まるで覚えていない空白の時期もあったりします。特にその空白の時期とかは、全くといっていいほど記憶が残っていない。40歳を過ぎてこの先も、同じようにしていたら何も残らないのではないかと漠然と不安に感じたりもします。日々鍼灸の臨床にいそしみながら、自分が生きている証を作っておこうかと、つまりは最近の言葉で言えば「ライフログ」のようなものをやってみようかと思いました。もちろん、これまで書きためたブログもライフログのような面がないではないのですが、手元に置いて、いつでも見返せるようなものがあるといいなとか、この間行った『医は仁術展』の半券などを、ばらばらにならないように保管しておきたいとか、そういったもう少し生活のなかでのアナログな部分でのライフログを作れないものだろうか。

 そんな折りに手にしたのが、『情報は一冊のノートにまとめなさい(完全版)』です。

 この本が訴えていることは、とてもシンプル。
 タイトル通り、すべて一冊のノートに書いていくこと。日記的な内容でも、仕事で気がついたことでも、食べたものの感想についても、何から何までとにかく時系列に記録していくこと。いたってシンプル。難しいところは一切ありません。購入する前に何度も立ち読みをして、“言っていることはそれだけか・・・”と思いつつも、最終的にはレジに持っていったのは、内容がシンプルなことだと分っていても、実際にやってみるとけっこうほころびがあったりするんじゃないかな?などと邪推しながらも、じゃあ実際どんなものか見届けてやろうじゃないか、という気分でした。世の中にはたくさんの情報整理ツールがありますが、正直どれも面倒くさそうで、それを実行するだけでも相当時間がかかるのではないかと思う。それだったら限りなくシンプルな方が続けられる、そういう感じでできるライフログを探したいというのが私の本音だったのでしょう。

 さて、本書を読んでみて・・・・。

 うむ。。

 すごーーく、シンプル。
 これなら自分でもできそう。そして、続けられそう。

 著者はこの方式で既に10年やっているそうで、プライベートでも仕事でも活用しているそうなのです。10年という一つのタームをしっかりと続けることができたというのは、それだけでも信頼性があるのだろうと思います。

 内容はとても簡単で、同じことの繰り返しが述べられていると感じなくもないのですが、ノート一冊でいいという割り切りようが何とも清々しくて受け入れられました。

 とりあえず、まっさらなノートを一冊おろしてはじめてみようかと思います。

 以前やっていた岡田斗司夫さんの『あなたを天才にするスマートノート』の要素を少し入れて、ライフログを作ってみようかなと思います。

 最近ではユニークで便利な文房具も増えておりますので、そういったものを使いながら皆様もお試しなさってはいかがでしょうか?



読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版] 歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた 仕事で差がつくノートの秘訣 (日経BPムック スキルアップシリーズ) 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス) 人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考
 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment