Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『日本人と日本文化』 司馬遼太郎・ドナルド・キーン対談集 中公新書 ::: 2014.01.20 Monday

評価:
司馬 遼太郎,ドナルド・キーン
中央公論新社
¥ 756
(1972-05-25)

JUGEMテーマ:オススメの本

 本書は1972年(昭和47年)に発行されたもの。単純に発行から40年以上経っているわけです。しかし本書の内容はその年月に風化することなく、現在も進行形で日本人、日本文化というものに問いかけをしてきます。

 司馬遼太郎氏は、本書が発行されたとき49歳。すでに小説家としての地位を確立し、さらなる高見へ向かっていく時期。一方のドナルド・キーン氏は司馬遼太郎氏の一つ上で、当時50歳。日本文化、日本文学の研究者として、司馬氏と同様にすでに地位を確立しています。

 本書を読んでいると、まずドナルド・キーン氏の司馬遼太郎氏への尊敬の意を感じます。そして司馬遼太郎氏もまた、異国の人でありながら、日本人と日本文学に深い理解と尊敬の念を示し、日本人以上に日本を知りたいという意欲にとても感服している、そういった両者のお互いへのリスペクトが本書の品位を保っているように思います。現在も様々な日本人論が出ていますが、こういった格調の高い作品は、本当に少なくなってしまったように感じます。そして、本書のような奥深い考察がされているものもあまり目にしなくなったような気がします。
 本書の内容は、とても多岐に渡っています。語られている時代の範囲も幅が広くあります。また、本書の語り手の一人を、あえて異国の人(現在は帰化して日本人でありますが)であるドナルド・キーン氏にしたことによって、異国から見た日本という客観性が司馬遼太郎の圧倒的な知識力にぶつかることで、とても有意義な化学反応を起しているように思います。銀閣寺を建てた足利義政に対して感じるドナルド・キーン氏の違和感から、日本のこれまでの統治者の心象風景を垣間見たりするところなどは、とても新鮮でした。
 また、最近賞賛されたり、逆に疑問視される時もある日本人のモラルですが、そのモラルがどこから来たのかという問題について、ドナルド・キーン氏は儒教の影響を挙げ、司馬遼太郎氏はそれをやわらかく否定するなど、両者の歴史観の違いによって、より日本、日本人、日本文化というものが浮かび上がってくるようでした。

 本書は、新書という小作品であります。しかし、その誌面の制限がありながらも、内容は無制限への広がりを感じます。惜しむらくは、対談者の一人である司馬遼太郎氏がこの世にはもういないこと・・・。もしまだ生きていたら、日本が迎えたこの未曾有の時代を生き抜く処方箋を、歴史というキーワードによってもっともっと掘り下げてくれたのではないだろうか。そう思うと、ここからもっと日本というものを汲み取っていく必要があるのではないだろうか。


対訳 21世紀に生きる君たちへ 世界のなかの日本―十六世紀まで遡って見る (中公文庫) 街道をゆく 39 ニューヨーク散歩 (朝日文庫) 百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫)


東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment