Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『サッカー「観戦力」が高まる』 清水英斗著 東邦出版 ::: 2014.08.18 Monday

JUGEMテーマ:日本代表

 サッカーブラジルワールドカップが終わって1ヶ月以上が経った。今回の日本代表はかなりいいところに行くのではないか?“自分たちのサッカー”で勝ち進めるのではないか?そんな期待が少しずつ膨らみ、開催直前はものすごい期待優先の報道が相次いでいた。もちろん最初から負けるといってしまっては身も蓋もないし、応援するからには勝って欲しいという期待もするのは当然です。しかし現実は一勝もできずにグループリーグで敗退という現実を見せつけられました。グループリーグ敗退後は、一気に日本代表への関心は薄れていき、今となってはあの狂騒はなんであったのかと遠い過去のように思い返してしまいます。辛口評論家の中には、「それ見たことか!まだこのくらいのレベルなんだよ!」という後出しじゃんけんのような言論も見られるし、もう少し前向きな評論家は、「このザッケローニ体制4年間の総括をしないと、次はまだ進めない」という慎重論もある。しかし“熱狂”というものはとても儚く、もうすっかりザッケローニ前監督は過去の人となり、今では次の監督はどういった戦術で来るのだろうかという話で持ちきりになっています。

 そもそもサッカーなんていうのは所詮スポーツに過ぎない。スポーツで飢えた人を救えないどころか、社会を壊してしまう可能性があることは、今回のブラジルの格差社会の実態からも分ることである。しかしそういったことも含めて、サッカーは人材論であったり、組織論であったり、国家論であったり、メンタルであったり、様々な要素が入り乱れているからこそ、そしてそこに人生の縮図を見てしまうからこそ、所詮スポーツなのに、それ以上のものを感じ取ってしまう魅力があるのだろう。こうしてサッカーができること、こうしてサッカーを論じることができるのは、やはり平和であるからこそなのだという自覚もまた必要であろうと感じた。

 閑話休題。

 辛口評論家の言い分では、4年に一度のにわかサッカーファンが日本のサッカーのレベルを下げているという主張がある。もっと高度なものをファンが要求しないから、そして結果や過程にシビアではないから、監督の更迭もなく流されてしまうのだという。どこか芸能人を応援するような、ミーハーなノリがあるのかもしれない。しかし日常生活の中で、サッカーばかり気にしているわけにはいかない。日々の生活があるのだから、いちいちサッカーのことで頭をいっぱいにする必要もないし、辛口評論家に言われる筋合いではない。

 でも、もし、もう少し観戦力を上げることができるとしたら、サッカーがもっと楽しくなる。何気に見ていたサッカーの試合も、球だけを追いかけていたサッカーの試合も、もっともっと奥が深いスポーツだということがよく分るはずなのだ。これだけ全世界の人が熱狂するのですから、そこには必ず何かがあるはずなのです。それを探しにちょっと出かけるのは、人生の愉しみをまた見つけるのではないかと思うのです。

 本書は、サッカーリテラシーを挙げたい人にお奨めです。全く知らない人が読む入門書というよりは、入門を少し過ぎたくらいの人が読むといいかなと思います。中級者の方で、さらにレベルアップをしたい方にとっても、もっと視野が広がるかなと思います。点を入れるフォワードや、そこに指示を入れるミッドフィールダーに目が行きがちですが、本書は、ディフェンスやゴールキーパーなどにも誌面を割いているので、サッカーのフィールド全体への目が行き届くようになると思います。
 4年後のロシア大会に向けて、辛口評論家に“にわかサッカーファン”とこき下ろされないためにも、今から少しずつサッカーへの視点をレベルアップしておくのはいかがでしょうか。
 

  サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である サッカー批評(69) (双葉社スーパームック) ヨハン・クライフ サッカー論 中村俊輔オリジナルサッカーノート3冊セット ([バラエティ]) 戦術リストランテIII 「ポスト・バルセロナ」の新たな潮流 Number PLUS「イビチャ・オシム 日本サッカーに告ぐ 2014」 [ムック]

東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ

 






スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday








comment