Amazon.co.jp ウィジェット
本でもって



selected entries

categories

archives

comment

links

profile

PR

本でもって人々

おすすめ

others

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.08.23 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




『上昇思考 幸せを感じるために大切なこと』 長友佑都著 ::: 2013.10.14 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本
 
 はっきり言って内容は同じことの繰り返し。内容を集約すると、中学のときに所属していたチームのモットーや高校の校訓など。そういったものは押しつけがましく教訓めいているし、決して新しいものではないので、本書はある意味つまらないかも知れない。それを批判する人もいるだろう。

 しかし飽きることなく、むしろ圧倒的な勢いで興味が沸いて読み進めていくことができ、そして自分もやってみようかという気持ちになるのが本書の不思議な魅力。まるで長友選手のプレイスタイルをみているような感じがする感覚、と言ったら大袈裟だろうか。
 「三日坊主」という言葉があるように、私たちの意識はそれほど長続きするものではありません。しかし世の中には三日坊主にならずにずっと同じことを続けていくことができる人がいます。結果としてこういった継続ができる人が最後に大きな結果を遺すことができます。それに気がついていながらなかなか・・・というのが私のような凡人の悲しい性・・・。と、悲しんでもいられないので本書の内容が大事になってきます。
本書では、長友選手がさまざまな壁を乗り越えていく中で培ってきたこころの飽和点を垣間見ることができます。本書の肝(きも)はそこではないでしょうか。世の中には美辞麗句や偉人の名言を並べた本はあまたありますが、そこには実践の魅力がありません。読んで感動はするけれどすぐに忘れてしまう、それが名言集の悪いところ。しかしこの長友選手の本は、長友選手が歩んできた実践の道の記録であります。そしてその歩みが飽和点に達したときに、長友選手の中で大きく弾け飛んだ人生の真理のようなもの、それがここに集約されています。少々大げさな言い方になりましたが、悟りにも似たような確信を得るその瞬間を、長友選手の目を通して知ることができます。

人生は複雑なことがいっぱいあります。嫌なこともしなくてはいけません。ストレスも溜まります。
しかし、意外と人生はそれほどこみ入ったものではなくて、とてもシンプルなものなのかも知れません。
だからきっと、長友選手が言いたかったことはシンプルなことばかりで、それを実直に、実践して繰り返していくだけというのが結論で、それ以上のことを書く必要もなかったためにこういう内容になったのでしょう。


 少し前のサッカー日本代表選手は、中田英寿のようなクールな感じがかっこよく見えたものです。しかし今はあのようなクールさは何だか不格好にしか映らない。長友選手のように、這いつくばりながらも駆け上がる実践の姿にこそ感動を覚えてしまう。その理由が本書に凝縮しているような気がします。サッカー日本代表は、代が変わるごとに進化していると思いますが、それはプレイとか技術とかそういった面だけではなく、こころも大いに成長しているのでしょうね。

自分を見つめ直す、そして長友選手のように実践していくこと。毎日忘れないように、いつも何処かで思い出す、そういったことの繰り返しこそが日々の成長につながる。そしてそれは物質や金銭ではなく、“こころの力”なのですね。


 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院

東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
 
  








『子どもの気持ちがわかる本 こころの安心の貯金通帳』 家森百合子著 ::: 2013.10.07 Monday

評価:
家森 百合子
クリエイツかもがわ
¥ 2,100
(2013-04-08)

JUGEMテーマ:育児

この本を読んで、不覚にも涙がこぼれてしまいました。

長年幼稚園の先生をされていた患者様に、「小児鍼を受けにいらしている親御さんに、子育てのアドバイスをしたいのですが、何かお薦めの本はありますか?」と尋ねたところ、この本を紹介していただきました。

どんな内容だろうと少し読んでみたところ、とっても胸が熱くなるようなお話しや言葉がありました。自分自身の経験と重ね合わせて考えてみても、思い当たる節がたくさんあり、大人の自分自身も癒やされていく内容でした。特に、著者がお薦めする「こころの安心貯金通帳」という捉え方は、子供の行動や言動を理解するためにとてもシンプルです。
また、大人にとってもこれは自分の行動を見つめ直すきっかけになると思います。例えば、実業家でもあった吉本伊信による「内観法」というのがありますが、吉本氏は自らも実業家として企業を経営していただけあって、内観法の説明にはよく貸借対照表の譬えを用いたそうで、これも一つのこころの貯金通帳と通底する自分の見直しと言っていいかもしれません。

人はとかくしてもらったプラスのことよりも、してもらわなかったマイナスのことをいつまでも根に持って強調しすぎる傾向にあります。また、裏切られたり、意地悪されたマイナスのことを何倍にも強調して記憶しがちなところがあります。しかし冷静に考えてみると、けっこうプラスのこともたくさんしてもらい、経験しているはずなのです。そしてこうしたプラスの経験を積み重ねていくことによって、多くのマイナスからダメージを受けてしまった心がプラスに転換されていく、そのためには“こころの貯金通帳”というイメージを導入しておくことは精神面にとってとてもいいことなのではないかと思います。

トラウマや、コンプレックスのない人はほぼ世の中にはいないでしょう。そういったトラウマやコンプレックスが、新しい創造のための起爆剤になることも多いので、マイナスなことを否定する必要はないと思います。しかし新しい創造へつなげようとするずっと以前に、それらのマイナスのことで自分の可能性や自分の人生をも否定するというのは何とも悲しいことだと思います。

この本を読んでいて、自分が母にしてもらったことをいくつか思い出しました。その度に胸が熱くなり、その度にちょっとこころの雪解けが進んだように感じました。そういった意味で、私はこの本を読んで涙をぽろぽろ流してしまったのでしょう。

子育てにいっぱいいっぱいになっている方には、是非とも一読していただきたい内容です。

そして、私のようにまだまだ真の意味でこころの自律が出来ていない大人にとっても、大きな響きがある一冊です。

 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院

東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
 

     



 
  




『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』 三石巌著 ::: 2013.09.30 Monday

JUGEMテーマ:本の紹介

鍼灸を生業にするものにとって、患者さんへの食養生のアドバイスはとても重要となります。しかしこれがなかなか難しいというのが正直なところです。それは、食、食事法に関する本はあまた多数出版されており、時にブームになったりして私たちを混乱させるからです。また、そもそも私たちの身体には体質という個性がありますから、その個性に合う合わないというところもありますので、全くのウソとも言えないところが難しい・・・。患者さんに情報を提供する前に、まずは自分自身が納得して受けいれることができるものを押さえておきたい、というところです。

私自身の食養生は、私は古くから伝わる『黄帝内経』を初めとする古医書にヒントを得ながら施術をするタイプなので、それに則ったアドバイスを基本としています。五行という東洋医学独自の理論を基にしながら構築していくわけですが、あくまでこれは基本であって、ここから応用をしていかなくてはいけません。古医書が書かれた時代と比較して、今は新しい食品も多いし、少し迷信めいたものが書かれているものもありますので、そのあたりを足したり引いたりしながら本当に有効なものを引き出していかなくてはいけません。

とかく東洋医学というと、徹底した西洋医学のアンチと思っている方も多く、何でもかんでも西洋医学を否定するように思われていることも多いようです。実際に鍼灸師のなかには、食事に関して言えば、闇雲な玄米信仰者や、頑迷な肉食否定派もいたりします。巷にはそのような偏った食養生の本も多く、読んでみるとあまり根拠がはっきりしないところもあり、かつはなはだ迷惑なのは、それがあたかも正統な東洋医学に基づいているかのような印象を与えているところもあったりと、公平な視点がないものも見受けられます。これ以上は愚痴になるのでここではお話ししませんが、一体何が本当なのか、どこまでが正しい知識なのか、特に食事は毎日の身体を作る基礎なので、根拠ははっきりして欲しいところであります。私自身は、そういった一方的な押しつけがましい者にならないようにしています。やはりそこは東洋医学には足りない視点を西洋医学や現代栄養学で補う必要もあると思っているからであります。

ということで前置きが長くなってしまいましたが、本書は、医学常識をちょっと疑ってみてみようというお話しです。私たちが普段信じている身体に関する常識は、実はそれほど正しくなかったりする、というお話しです。
今までの常識を覆すために、身体のしくみや病機の成り立ちなどを軽く説明し、そこに現代栄養学の知識を当てはめて解決していくというもので、著者はこの学問を「分子栄養学」と命名し、自らも実践し、96歳という長寿を全うした方。しかも亡くなる直前までスキーをし、しかもこの本は95歳の時に著したというのだから、これはかなり説得力があるのではないでしょうか。
私が読んだところでは、いくつか間違っているところもありますが、これは間違っていると言うよりも、当時はまだ詳細が分らなかったものが、ようやくわかったというもので、著者の落ち度ではないでしょう。そもそも医学はまだまだ未開なことが多く、常に発展途上の世界であり、医学の常識はあくまで“その時点での常識”にすぎませんから、常にアップデートをしていかなくてはいけません。そういう意味では、いずれこの本も常識から外れていくのかもしれませんが、現在のところはまだまだ有効であり、私たちの常識のいくつかは本書の記述を基に訂正していかなくてはいけないのではないでしょうか。

しかし、著者が提唱する養生を実践するためには、著者が開発したサプリメントを摂る必要があるようで、本書はその宣伝なのか?と思ってしまうところがちょっと残念なので☆は3つに留まらせていただきました。また、上述したように筆者は既に故人であり、今後この内容がアップデートされないであろうことを考えると、読者としては、内容の鮮度が落ちていくところに注意が必要かと思います。

 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院

東京・表参道のはりきゅう院のブログ
東京・表参道の鍼灸院 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
 
  






『やめないよ』 三浦知良著 新潮新書 ::: 2013.09.23 Monday

 JUGEMテーマ:オススメの本
 
私はこの本を読んで、以下の言葉が心に浮かんだ・・・。
 
「神様、人類にサッカーという競技を与えてくれて、ありがとうございます。」
 
私はサッカーは嫌いだった。小学校4年生の時の体育の授業以来、ずっとずっと嫌いだった。手を使わないスポーツ、意味が分らない。どうして人間は自由な手を持っているのに、その手を使えないのだ!と、私はサッカーの持つ理不尽さを小学生なりに感じていた。運動神経がいいとは言えない自分は、上手にサッカーボールを蹴ることもできないし、何が一体面白いのだろうと、体育の授業はしばらくつらい日々だった。
しかし今にして思えば、不自由があるから自由になれるという逆説的な人生のおもしろさを直観できなかったのだ。もし自分にその逆説を直観視する力があれば、もう少し人生は豊かになっていたのかもしれない。
サッカーのフィールドの大きさ、ゴールネットの枠の大きさ、ボールの大きさ、プレイヤーの数、そういったサッカーにおけるルールの有り様が、人生の縮図のような、すべての要素がそこに凝縮されている、それはまるで誰かがそこに、人類に何かを学ばせるために用意したとしか思えないような、逆に、サッカーという競技がこの世にあるということが、神様の存在を人類に実感させているような錯覚する覚えてしまうのだ。
 
三浦知良選手は、Jリーグ発足当時から日本サッカー界を盛り上げ、そして引っ張ってきた立役者である。その姿は、“キング・カズ”とも称されるのだ。既にプレイヤーとしての盛りはピークを過ぎている。しかしそのプレースタイル、プレーする姿、そして観客を魅了するカズダンスは現在も健在である。この歳まで現役をつづけるプレイヤーは世界的に見てもそうそういるものではない。そうなると、三浦知良選手自身が観ている世界は、人類史上でも唯一無二の光景なのではないだろうか。
もしこの世のサッカーというスポーツがなければ、三浦知良選手は存在しない。
 
大袈裟かもしれないけれど、三浦知良選手がいるお陰で、我々は、人類が未だ経験したことがない世界を感じることができるようになったのだ。よく“人類初”ということが報じられるが、それは早いとか、高いとか、強いとかだけではない。三浦知良選手のような“人類初”の経験は、より多くの人に大きなものを伝える力になるのではないだろうか。
そういう意味でも、私は冒頭に挙げたように、サッカーという競技を与えて下さった神様に感謝するしかないのだと思うのだ。

 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ
 

 
  





『自分の中に毒を持て』 岡本太郎著 ::: 2013.09.16 Monday

JUGEMテーマ:オススメの本 

 この本を手にしたのは、大学生になりたての頃だったからもうかれこ20年以上前ということになる。改めて読んでみるのもそれ以来だから、同じく20年以上ぶりだ。20年前のことを考えると、時代はますます加速して変化を遂げていることに気がつく。しかし本書の内容は、全く色褪せていない。むしろその輝きは増しているのではないかと思うくらいだ。そして今でも著者である岡本太郎が生き続けていて、この腑抜けた社会に挑発を繰り返しているかの印象である。
 人よりも多い浪人生活を送ってようやく大学生になった私は、今さらながら生甲斐というものが見えなくなっていた。そもそもいい大学に入ることまでしか考えていなかったのだから、いい大学には入れなかった私は社会の落ちこぼれでしかないという負い目があったのだ。劣等感の塊で、顔を上げて街を歩けないくらいだった。生きることに意欲がなく、ただ呼吸をしているだけの存在、それが当時の“私”だったのだ。
 そんな暗い私の心に火を付けてくれたが、この岡本太郎の『自分の中に毒を持て』であった。心が躍るとよく言うが、本当にそのような、沸き立つような高揚感を得たのである。それが紛れもない私の本書の感想であり、実感、体感であった。
 
 岡本太郎は逆説的だ。万博のテーマが「調和」であると聞くと、「調和を壊すことから始めるのが本当の調和だ」と叫んで太陽の塔というベラボーな文字通りの金字塔をぶち立てた。現在渋谷駅に飾られている岡本太郎の『明日への神話』にしても、その逆説的な発想は息づいている。しかしその逆説は、決して単なる反抗とか、イヤイヤとかではない。真実を貫かぬき、人間の持っている真っ裸な真実をほじくり出してやるという、根源的な逆説なのだ。事実我々は、岡本太郎の逆説的な言葉を否定することはできず、否定どころか、深く熱く共感してしまうのだから。そこには”生きる”という生命の根本を問いかけるものがあるということだ。
 
 本書のタイトルである「自分の中に毒を持つ」。
 
 これもまた強烈に逆説だ。誰も彼も嫌われる毒にはなりたくない。しかし毒を以て毒を制するの言葉もあるように、また、ふぐは自らの毒では死なないように、毒というのは必ずしも悪ではないのだ。一見毒として悪者扱いされそうなものの中にも、生きるための輝きがあったりするものだ。
 
 岡本太郎のように、自由奔放に生きることは困難かもしれない。しかし、心の何処かに生きることのパッションを抱いて生きることは可能なのだ。本書は、生きることへの情熱がたくさん詰まっている。

 
東京・表参道のはりきゅう院は源保堂鍼灸院
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛は東洋医学の源保堂鍼灸院へ はりきゅう
東京・表参道の源保堂鍼灸院の公式ブログ
東京・表参道の鍼灸院はりきゅう 源保堂鍼灸院の公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など
よかったらポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログへ